こんにちは!

オフ×オフ青山学院大学アンバサダーの長谷川です。

他のアンバサダーに引き続き私も12月20日に開催された合同OBOG訪問大交流会についてレポートさせていただきます!

オフ×オフローンチを記念した今回のイベントは私自身にとってもアンバサダーとして初のイベント運営でした。200人規模のイベントの開催ということで開催に至るまで不安と期待が入り混じっていたのですが当日多くの学生・社会人の方々にお越しいただく事が出来、運営スタッフの一人としてとても嬉しくまた感謝の気持ちでいっぱいです。ご来場誠にありがとうございました。

このレポートでは残念ながら今回は参加できなかった方にもイベントの雰囲気や私自身が得られたものについてお伝えできればと思います!

今回お越しいただいた中には内定者の方もいらしていました。就活を終えられてまだ数か月。私の漠然とした不安に対し近い立場から貴重なアドバイスを頂くことが出来ました。

お話を聞いているとエントリーする企業の選び方は本当に十人十色で幅広く受けられたという方も本当に自分の興味のある企業を絞って受けられた方どちらもいらしたのですが、開始が後ろ倒しになることを考えると多少絞っていくことが必要になるかもしれないとのアドバイスを頂きました。

また、面接に関してはマニュアル本等もたくさん出ているがあくまでそれは“誰か”の成功例であること、回数を重ねることで緊張の中でもしっかり話せるようになっていくので練習が大切であること、面接官となる年齢に近い方々とお話する機会を持つようにして慣れるだけでも変わってくるのでは?というお話を聞きオフ×オフをはじめとした社会人の方々と直接お話しする機会を有効に活用していかなくてはと感じました。

今回の来場者アンケートではまた来たい!という声をたくさんいただきました。オフ×オフはまだ始まったばかりのサービスですが、これからも継続して来たいと思っていただけるサービスにするにはどうしたらいいのか皆さんの声を基に小さなことからでも常に考え改善し続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

まずは2月15日に解禁直前!!炎の就活合同ミーティングと称して今回のような大規模な交流会イベントを開催しますのでぜひともご参加いただければ幸いです。

青山学院大学アンバサダー 長谷川

スポンサーリンク