キャリアアカデミーという就活塾の方に貴重なお時間を頂きまして、講演をしていただきました!

そのレポートを担当させて頂きます、オフオフアンバサダーの さやねー こと森田です。

皆様お久しぶりでございます。 三月になり、ついに私たち16卒の就活も解禁されました。いや、就活が解禁したといういい方には語弊があるかもしれませんね。今回の就活は準備期間から就職活動に向けてしっかり準備していた学生と、‟解禁”という言葉に合わせて三月から就活を始めた学生の間でかなり大きな差が開いているのではないかということが懸念されているようです。結局三月解禁になっても就職活動の期間はそれほど変わらないというのが学生側の本音です。 といった不満はさておきまして(笑)、キャリアアカデミー様の講演レポートに移りたいと思います!

今回講師を務めてくださったのは、岡部麻里さんという方です。彼女はIT系総合商社に10年間勤められたあと転職をして今の会社にいらっしゃいます。

講演は“今何をすればいいのか分からない”、“どうやって志望動機を書けばいいのか”などといった、就活が始まる前の学生の不安を解決してくださる内容を中心に進められました。 まず企業の具体的な採用基準というものははっきりと言えないのが事実だそうです。 しかし、すべての企業が共通してみている点としてその学生がこれから成長するかどうかというものがあげられます。過去の経験からどのようなプロセスを踏んで問題を解決しようとしてきたかを見られます。 これは意外かもしれませんが、挫折経験を面接でいうのも一つの大きなアピール方法になるとおっしゃっていました。挫折をしたことがない人はいないでしょうし、その挫折から何を学んだのか、そしてどのように乗り越え今に活きているかを知るためにわかりやすいポイントになります。

そして大事なことは、収集した情報をいかに活かすかということ。情報をたくさん集めただけで満足してしまう人が多いようなのですが、その先に進むためにはそれらをアウトプットしていくことが重要になってきます。内定が出た後に自分の就職活動を冷静に振り返ることができるようになり、初めて冷静に自分の将来を具体的に考えられるようになります。その際、多くの学生が自分の就活はこれでよかったのかどうかわからずに悩むといいます。

就活解禁直後のアドバイスとしては、特に業界を絞らなくてもいいということがあげられます。面接をしていくうちに入りたいと思える会社に出会えるそうです。 あとは興味がなくてもとにかく説明会に足を運ぶこと!話を聞くとその会社の漠然としたイメージがはっきりとしたものになりますし、何よりもこんなにたくさんの企業の話を聞ける機会なんて人生でめったにないでしょう!就活生という立場を利用して様々な業界のことを知ることができます。最高ですね。(笑)

就職活動中、学生は自分ととことん向き合うことになります。つらいときももちろんあると思いますが、全力で取り組むことでこれからの人生にとって有意義な時間になるのではないでしょうか。私も一就活生として頑張りたいと思います!

講演会のレポートは以上になります。キャリアアカデミー様、貴重なお話をありがとうございました! このレポートが少しでも就活生のみなさんの役に立つことを願っています。

津田塾大学アンバサダー 森田

スポンサーリンク