インターンや会社説明会など申し込みをすると、企業から日程などの詳細のメールが届きます。その際に持ち物や服装についてなども記載されていますが、服装の欄でよくあるフレーズが、「服装自由」というものです。

服装自由と書かれるとスーツでは浮いてしまうのか、どんな私服がいいのかなどを悩んでいる学生が多いと思われます。

私も1日インターンのメールに服装自由と書かれていたので私服で行ったところ、ほとんど全員がスーツを着ていた、という経験があります。逆にスーツで行ってみると、「弊社はドレスコードがありませんので、私服でも大丈夫だったのですが…」という場面にも遭遇しました。服装の自由という言葉が企業によってどこまでの範囲なのか微妙に異なっているため毎回服装には困ってしまいます。

今回はこの服装自由という言葉がどこまで自由なのか、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

「服装自由」では、スーツでも私服でも怒られないが…

服装自由を会社に招き入れる際に記載している企業では、一応スーツでも私服でも担当から指摘されることはあまりありません。ただし、あくまで企業への訪問であるため、社会人として、私服の中でも派手な衣装は控えるべきですし、清潔感も必要です。

具体的には、TシャツやジーンズはNGです。また、シャツはYシャツがベターなど、私服で参加するにはマナーの観点から様々な制約があるので、スーツの方が楽という学生も多いですね。実際自由なので、スーツで行くことで問題を感じる事例は稀です。強いて言うならば、「浮かない代わりに目立たないため、個性をアピールしにくい」といった程度です。

ただし、企業によってはもう少し私服の制約が緩い企業もあります。「私服可」、「私服でご参加下さい」という企業は社員もカジュアルな格好をする場合があるため、比較的制約は緩めです。また、IT系の企業も比較的ドレスコードの自由度が高く、場合によっては、「ドレスコードなし」や、「ジーンズOK」という企業もあります。そういった企業ではカジュアルコーデで来る学生も多いため、場合によってはスーツだと浮いてしまう可能性がありますし、「なんでスーツで来たの?」と質問されることもあるようです。インターンに参加する企業のことはよく調べた方が無難と言えるでしょう。

一方、一部企業では「オフィスカジュアル」を参加者に求めているケースがあります。そうでなくとも、「服装自由」と記載しているのは「オフィスカジュアル」を指している場合も多いようです。

このオフィスカジュアル、初めて会社説明会やインターンに参加する場合には聞きなれない言葉なので、どんな格好をすればいいのかわからず焦ってしまいます。オフィスカジュアルとはどんな格好を言うのでしょうか。

「オフィスカジュアル」とは何か。

オフィスカジュアルとは、スーツでは華やかさに欠け、逆に通常の私服では派手すぎる場合に着用するもので、スーツと私服の中間と言ってもよいでしょう。会社によって規定は異なりますが、ジャケットかカーディガン+シャツ+パンツかスカートが基本のようです。

オフィスカジュアルにおいてNGとされているのは以下の通り。

・デニムなど、カジュアルすぎるもの

・サンダル、ノースリーブなど露出が多すぎるもの

・襟なしのトップスやTシャツ

・ブーツ

・ミュール

などが挙げられています。なお、下三つについては企業によってはOKとするところもあるようです。これらに注意し、あまりにも緩すぎず、清潔感のあるスタイルであればかなり自由度は高いようです。

例えば、靴についてはスーツだとローファーはNGの可能性が高いですが、オフィスカジュアルでは大丈夫になる可能性が高いです。また、カラーリングも派手過ぎなければメンズではシャツに濃い青、レディースではジャケット、スカートなどが濃い赤、茶色でも良いみたいです。

 

ここにいくつか例を載せておきます。

男性の場合

(画像)https://wear.jp/kmnhshs/9618195/

オフィスカジュアルの定番ともいえるコーディネートです。色合いはおとなしめですが、変に目立つことはなく、自然です。

(画像)https://wear.jp/h17191720/8307844/

青のシャツに濃いベージュという独特な色合いですが、これもオフィスカジュアルです。

 

女性の場合

(画像) https://wear.jp/kazumi0728/5107599

女性の場合、このような赤色の服でもOKとされるようです。結構私服に近いですね。

(画像) https://wear.jp/yfa09722/10383319/

比較的大人しめな服装ですが、明るい白色や、バッグ・靴のの茶色を取り入れて個性を出しています。

社会人らしさを崩さずに、自分の個性を表現することができるので、最近注目されています。ネット上には多くのビジネスカジュアルの画像があるため、自分に合いそうなスタイルを探すのも良いでしょう。

「オフィスカジュアル」レディースコーディネート – WEAR

https://wear.jp/women-coordinate/?tag_ids=11428

「オフィスカジュアル」メンズコーディネート – WEAR

https://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=11428

こちらのサイトでは、オフィスカジュアルの画像が多く掲載されています。オフィスカジュアルの紹介サイトでも画像素材使われているため、信頼性が高いと思われます。

オフィスカジュアルはスーツよりも柔らかさを与えるため親しみやすくなる、個性を表現できるなどのメリットがある一方で毎日コーディネートを考えなければならないという欠点があるので、そこは注意しなければならないでしょう。

おわりに

調べたところ、服装自由とは言うものの、社会人としての一般的なマナーをはじめ、会社の服装規定・社風などから思った以上に服装には制約があります。しかし、まったく個性を出すことができないかと言われれば、そうではなく、オフィスカジュアルの中で自分らしいコーディネートを作ることができるようです。

とはいえ企業によってやはり雰囲気の問題から服装については考えなければならないのも事実です。

企業研究のついでに見てみるくらいの感覚でもいいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク