スポンサーリンク

そもそもインテリア業界って?

インテリア業界とはニトリや無印良品が代表されるようにベッドやクローゼット、食器や時計にその他雑貨など、家具全般を取り扱い、より良いライフスタイルを提供することを目指す業界です。

業界規模は1兆404億円で全123の業界のうち91位と比較的低め。しかし伸び率は9%で28位と勢いのある業界です。一方平均年収は553万円で88位とこちらは平均的な水準にあります(いずれも業界サーチ調べ)。

インテリア業界の職種は?

インテリア業界の主な職種としてインテリアコーディネーター、インテリアプランナー、店舗販売員の3つが挙げられます。それぞれ見ていきましょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、住宅や店舗、オフィス、公共施設などのインテリアに関する総合アドバイザーを指します。

インテリア商品は、住宅設備から照明器具、そして家具全般と広範囲に及びます。これらの特徴や配置を加味してインテリア計画を提案し、商品選択のアドバイスを行います。そのため照明器具の種類や壁紙の材質など、幅広い商品の熟知とこれらの調和バランス、つまり組み合わせに関する知識も求められます。

職場は住宅メーカーや不動産会社のモデルルームをはじめ、設計事務所にインテリアショップ、内装関連の専門会社など多様的です。

インテリアプランナー

インテリアプランナーはインテリア空間を企画から設計、工事までトータルに行います。住宅のみならず、オフィスやホテル、病院、学校にいたるまであらゆる建物のコーディネートを担います。

主に個人住宅の照明や壁紙などをアドバイスするインテリアコーディネーターとは異なり、インテリアプランナーはオフィスやホテルなどあらゆる建物のインテリアを企画・設計・工事管理といったタスクをトータルで行います。

つまり建築の知識も必要になるため、コーディネーターのステップアップ職として位置づけられています。また女性が多いコーディネーターに比べてプランナーは建築業界を経験した男性が多いのも特徴です。

店舗販売員

こちらはニトリや無印などの店舗で実際に家具の販売を行う職種となります。仕入れや広告、売上管理や商品の展示方法など上記2つに比べて多くの業務を担います。

こちらは私たち学生が客としてこの仕事を間近に見ることも出来ますし、アルバイトで実際に業務を経験することも出来るので最もイメージしやすい職ではないでしょうか。

まずはこの販売職で商品の知識を蓄えつつ、コーディネーターやプランナーの資格取得の勉強を行なってこれらを目指すというステップアップの道もあります。

代表企業は?

ニトリ、無印、ミサワ、コクヨ、大塚家具など…

ニトリホールディングス

・売上高およそ4500億円(インテリア部門)(業界1位)。

・従業員数およそ1万人。

・設立1972年3月。

「お、値段以上」で知られる業界首位のニトリホールディングス(以下ニトリHD)は、日本全国から台湾、中国、さらにはアメリカ(ブランド名はAki-HOME)までおよそ500店舗を展開しています。

企画・デザイン・製造・販売全てを自社で行うSPA(製造小売業)の手法によるサプライチェーンの最適化と低賃金で製造できる海外工場(ベトナムとインドネシア)から低価格で輸入・販売を行う戦略で成功を収めています。

株式会社良品計画

・売上高およそ3075億円(インテリア部門)(業界2位)。

・従業員数およそ1.7万人。

・設立1989年6月。

無印良品を展開する良品計画は、元は1980年株式会社西友のプライベートブランドとしてデビューした専門小売業者です。1989年に西友から独立し、現在では業界2位に上り詰めています。

海外においても「MUJI」というブランド名でアジアからアメリカ、ヨーロッパに至るまで20を超える国と地域で展開しており、これはニトリを圧倒しています。

また、インテリアのみならず無印良品での衣服や食品取り扱いに加え、レストランのCafe&Meal MUJIも国内外で展開しており活躍は多岐に渡ります。

以上の2社がインテリア業界の2強として他を圧倒しています(業界売上3位のコクヨは1000億円と、良品計画の3分の1であるほど)。街を歩いていてもよく見るのはこの2社が多く知名度も抜群です。

特に良品計画は海外展開に大成功しておりグローバル化がより一層進む今日においてその重要性は非常に高く、ニトリHDを追い抜く可能性も十分にあります。

就活に有利な資格ってあるの?

続いてインテリア関連の資格を5つを紹介していきます。建築士の資格もこの部類に入りますが、専門学校等での実務経験が受験の際必要なのでここでは省略します。あくまで、誰でも受験可能な資格を紹介したいと思います。

採用に必須のものもありますがそれ以外は「この業界に興味があるから学習しました!」というアピールポイントとしかならないのがほとんどです。資格取得出来たからといって内定に直結するわけではないので注意が必要です。

インテリアコーディネーター

こちらは上述したインテリアコーディネーターになるためにはほぼ必須と言える資格になります(入社してから学習して資格取得するケースもあり)。

部屋のトータルコーディネートを行うための知識を測るため、壁紙や家具、照明にキッチンなど、幅広い知識が必要になります。一次試験は筆記試験、二次試験は論文とプレゼンテーションとなっています。

公益社団法人のインテリア産業協会が実施するものであり、受験の際の年齢や学歴などの条件は一切ありません。そのためインテリアに興味のある学生から主婦まで、様々な層の方が取得しています。

インテリアプランナー

上述したインテリアプランナーになるには同名のこの資格の取得が必須です。国土交通省所管の(財)建築技術教育普及センターが実施する試験であり、コーディネーターよりも建築や設計に関する知識が必要になります。

誰でも受験可能なこの試験は、一次試験の学科試験を合格して二次試験の製図設計試験に進むことになります。しかし一級・二級・木造建築士であれば二次試験からの受験が可能です。

二次試験を合格して登録を行えばインテリアプランナーの称号が付与されますが、一次試験のみの合格でも登録可能でその場合はアソシエイト(准)インテリアプランナーとなります。

キッチンスペシャリスト

この資格はキッチン関連メーカーや家電販売店にてキッチンにおけるインテリアを提案するために必要な知識を測るもので、設備機器やガス、水道の知識に加え、それらに関する法律などかなり専門的な試験となっています。

これも上記のものと同様に年齢や性別、学歴や実務経験の有無などは一切問われず、誰でも受験可能です。学科試験と実技試験(図面作成やプレゼンテーション)があります。

照明コンサルタント

こちらもキッチンスペシャリストのように照明に特化した資格です。照明の位置や形、色や種類、光の強弱などのアドバイスを行うための知識を問う試験となっています。

一般社団法人照明学会が基礎講座として誰でも受講可能な通信教育を実施しており、この資格の勉強を気軽に行うことが出来ますがかなり専門的な学習カリキュラムとなっています。

色彩検定

こちらは色の組み合わせにのよる印象の変化や様々な種類の色の名前、トリコロールのような複数色による配色など、色に関する知識を問うものであり、インテリアのみならずファッション分野にも応用が効く資格とかっています。

公益社団法人色彩検定協会が実施するものであり、試験方法はマークシートと一部記述の筆記試験となります。

僕もこの資格を少し勉強してみましたが、群青色(こい紫みの青)と桔梗色(こい青紫)のようにかなり曖昧な色の違いを問われたりしてかなり難易度が高いと感じました^^;。

しかし様々なジャンルの職に活かすことが出来ますし、少し勉強するだけでも珍しい色や斬新なトーンを覚えることが出来るのでかなり面白みのある資格だと思います。

何か新しく勉強したい!という方、まずはこの色彩検定にトライしてみてはいかがでしょうか?

インテリア業界の将来は?

少子高齢化、空き家、海外展開、在庫管理、業務提携(ニトリ×カチタスなど)

最後にインテリア業界そのものの将来性について考察していきたいと思います。

懸念すべき最大の課題は少子高齢化による新設住宅着工件数の減少でしょう。インテリアプランナーから見て取れるようにインテリア業界と建築業界は密接な相関関係にあります。

新築が増えなければ家具を求める消費者の数も減少するためです。さらに人口減少が進めば、新生活をスタートする人も少なくなるためこれも同様にインテリア業界にとっては打撃となります。

そのため上述したようにニトリHDと良品計画は国内のみならず海外にも市場を広げることでこの問題に対処しようとしています。

また、年々増える空き家の問題も無視できません。2015年度の調査において空き家数は820万戸とされており、2033年には2170万戸に膨れ上がると予想されています。

空き家がその地域にあっては新たな住宅を建てられませんし、管理のされていない空き家は見た目も良くありません。せっかくインテリアに気にかけても、周りがほとんど空き家の地帯であっては人々は住みたがらないでしょう。

そこで業界1位のニトリHDが行ったのが不動産買取再販、つまり中古住宅販売会社カチタスとの提携です。

カチタスは買い取った中古住宅をリニューアルして”価値足す”というコンセプトであり、その不動産買取再販の分野において4年連続1位の業績を誇っています。

そのリフォームした住宅にニトリの家具を置くことによって、ニトリにとっては市場の拡大、カチタスにとってはお客様への柔軟なライフスタイル提案、そして消費者には生活をよりイメージしやすくなります。

このように、抱える問題も少なくはないインテリア業界ですが、解決の道もしっかりと見据えており急激な規模縮小はなさそうです。ニトリHDと良品計画の2強は既にグローバル進出や業務提携によって課題克服に取り組んでおりその地位は安泰なものと言えるでしょう。

インテリア業界は数多くの種類の商品を取り扱うためその分必要となる知識も膨大です。まずは資格取得の勉強や店舗でのアルバイトを通じて少しずつ知識を蓄えてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク