近年、全社を挙げて働き方改革の取り組みを行なっており、末端の現場でも、改善されている実感を感じるほど浸透してきている。
入社当時は、時間をかけてでも高品質である事が評価されるような風潮があったが、近年では、いかに効率よく品質を維持、上げることができるかという観点での評価がなされている。

スポンサーリンク