私達の若い頃は百貨店に買い物に行くというのは家族で過ごす余暇の一つでした。しかしなが現在ではネットショッピングなど購買方法が多様化し、定価販売での百貨店業は業界全体でも衰退傾向であることは否めません。当社はその様な中でも百貨店業のリーディングカンパニーではありますが、10年前に三越と伊勢丹が合併して出来た会社です。高齢者で高額所得者に強い三越と、ファッション感度の高い顧客を重視している伊勢丹では、やはり狙うターゲットが違う分、残念ながら現在でも出身百貨店の溝は埋めきれておらず、近年まで出身百貨店によってボーナスが違うという格差もありました。しかしながら統合してから入社してきた若い世代の方は、特に伊勢丹に配属されれば能力さえあれば若くしてバイヤーや売場マネジャーなど責任ある職場を任してもらえる風土があり、日本初上陸のブランドを導入するなど、自身で手掛けることが出来る業務の幅が広がります。また、女性が多い職場だけあり、出産・育児休暇などの各種制度が手厚いため、働きやすい環境であると思います。

スポンサーリンク