業界ナンバーワン企業ということで、上り詰めていくにはかなり厳しい環境ではあると思いますが、自分が成長できることが見込めます。軍隊と揶揄されることもありますが、やはり体育会系的な規律が求められるようです。
ビジネス自体が変革を迫られており、今野村證券に入って経験を積むのはとても面白いと思います。

スポンサーリンク